airbnbでプチ不動産投資|民泊運用代行に任せて副収入ゲット!

人形と硬貨

需要が増加している

貯金箱と硬貨

顧客ニーズに的確に対応

不動産投資はマンションの一室を家賃契約を持って収入を得る投資方法です。需要が拡大している事もあり、不動産投資にとっては追い風が吹いている状況にありますが、一つネックとなっているのが、連帯保証の制度です。家賃滞納などのリスクを回避するためには、連帯保証契約が必須となります。不動産投資においてもこれを履行することが大事なポイントなのですが、せっかくの需要も連帯保証制度がネックとなり、賃貸契約が結べないこともあります。社会背景として核家族化などが進み連帯保証人を頼みにくい風土にある事や身寄りのない高齢者の世帯などに関しては連帯保証を履行できないケースもあります。そこで家賃債務保証を連動させる方法が話題になっています。これは賃貸契約の際に連帯保証を付けることができない場合、家賃債務保証制度を利用できるようにすることです。保証料金は一括で支払うことなど制約はありますが、入居者の利便性を考慮するとありがたい精度になっています。家賃債務保証を自分で探して契約することもできますが、知識のない入居者に探させるのは、チャンスを逃してしまう可能性にもつながるのです。予め家賃債務保証を利用できるように準備しておくことで顧客のニーズをつかむことにもなります。連帯保証を付けずに契約するなどのリスクを背負う必要もなくなりますので、不動産投資におけるメリットになるのです。今、家賃債務保証の利用は急激に伸びているのです。