airbnbでプチ不動産投資|民泊運用代行に任せて副収入ゲット!

人形と硬貨

利用する際の費用と審査

集合住宅

利用時に確認すべきこと

近年、1人世帯や高齢者・障害を持っている人など家賃保証会社を利用するケースが増えているのです。連帯保証人になってくれる人がいない・連帯保証人になってくれる人がいても頼みにくいことが背景にあるのです。通常は賃貸物件を借りる際に連帯保証人が必要であり、家賃保証会社は連帯保証人なしで利用することが可能です。家賃を滞納したとき、家賃保証会社が貸主に家賃を支払い、その後保証会社が借主に立替分の支払いを求めてくるのです。家賃保証を利用する場合は、賃貸物件同様に審査を受け、通過する必要があるのです。審査内容は、収入・勤続年数・過去の家賃滞納歴などがあげられ、安定した収入が見込まれる場合は問題なく通過するでしょう。審査時間は通常1日・2日かかるのが普通で、早い場合にはその日で判明することもあるのです。十分な収入があること・家賃の滞納歴がないことも審査を通過する重要な要因です。賃貸物件を借りる際の保証料は、固定額・月額賃料合計額から徴収する方法などが存在するのです。賃貸物件の更新時期には、家賃保証会社への更新料も発生し、利用時より安く設定されているところが多いです。家賃保証会社を利用する際には、借主の万一の事態に備え、緊急連絡先が必要となるのです。緊急連絡先は誰でもなることが可能であり、一般的に家族・親族がなる場合が多いです。緊急連絡先になったとしても、連帯保証人のような役割を果たす必要はないです。